漢方による便秘解消法

便秘の原因の多くに食生活の乱れがあります。毎日の食事バランスを良くすることが、便秘の効果的な解消法でありますが、辛いときは薬にたよりたくもなりますね。西洋医学での便秘薬は腸を刺激することで、便意を促すものが多いようで、服用しすぎると逆に慢性的な便秘にもなってしまいます。腸に対する刺激が大きいんですね。対して東洋医学の漢方の場合は、妊娠中にも飲めるものがあり非常に体にやさしいものといえます。

さて、気になる漢方の効果ですが、便秘の時に飲んだ経験はあるが全く効かなかったという人もいるんじゃないでしょうか?東洋医学の場合、便秘の状態はひとつではなく、その人の体の状態や体質にあわせて便秘を治療するそうです。つまり漢方も便秘の状態や体質にあったものを選ばないと、全く効果がないそうです。便秘のタイプは大きく別け以下の3つのタイプがあります。

熱タイプ
体が熱い。口が渇きやすく匂いがある。おしっこの色が濃い。

寒タイプ
手足がよく冷える。夜よく目が覚めトイレにいく。腹痛が多く暖めるとましになる。口は特に渇かない。

虚タイプ
高齢者。顔色が悪い。ふらつく。気分がよく沈む。

便秘の治療には、上記のタイプいずれかに分類して漢方を選んだほうがよいでしょう。熱タイプであれば三黄散(さんおうさん)、寒タイプであれば桂枝加芍薬薬黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)、虚タイプであれば潤腸湯(じゅんちょうとう)が効果的と言われています。しかし数ある漢方の中のほんの一部でしかないので、便秘治療として漢方を服用する場合、専門の漢方医に相談したほうよいかもしれませんね。きっとあなたにあった漢方を選んでくれるはずです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。