漢方による便秘解消法

便秘の原因の多くに食生活の乱れがあります。毎日の食事バランスを良くすることが、便秘の効果的な解消法でありますが、辛いときは薬にたよりたくもなりますね。西洋医学での便秘薬は腸を刺激することで、便意を促すものが多いようで、服用しすぎると逆に慢性的な便秘にもなってしまいます。腸に対する刺激が大きいんですね。対して東洋医学の漢方の場合は、妊娠中にも飲めるものがあり非常に体にやさしいものといえます。

さて、気になる漢方の効果ですが、便秘の時に飲んだ経験はあるが全く効かなかったという人もいるんじゃないでしょうか?東洋医学の場合、便秘の状態はひとつではなく、その人の体の状態や体質にあわせて便秘を治療するそうです。つまり漢方も便秘の状態や体質にあったものを選ばないと、全く効果がないそうです。便秘のタイプは大きく別け以下の3つのタイプがあります。

熱タイプ
体が熱い。口が渇きやすく匂いがある。おしっこの色が濃い。

寒タイプ
手足がよく冷える。夜よく目が覚めトイレにいく。腹痛が多く暖めるとましになる。口は特に渇かない。

虚タイプ
高齢者。顔色が悪い。ふらつく。気分がよく沈む。

便秘の治療には、上記のタイプいずれかに分類して漢方を選んだほうがよいでしょう。熱タイプであれば三黄散(さんおうさん)、寒タイプであれば桂枝加芍薬薬黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)、虚タイプであれば潤腸湯(じゅんちょうとう)が効果的と言われています。しかし数ある漢方の中のほんの一部でしかないので、便秘治療として漢方を服用する場合、専門の漢方医に相談したほうよいかもしれませんね。きっとあなたにあった漢方を選んでくれるはずです。

赤ちゃんの便秘 解消法

赤ちゃんとは生まれすぐの子供の状態を指しますが、一般的には生まれて1歳未満を意味しているようです。定義としては以下の通り。

乳児:1歳未満の子供
新生児:生まれてから28日未満の乳児
幼児:1歳から小学校へ入学するまでの子供

この項目では、赤ちゃん、つまり新生児や乳児の便秘の原因や予防、そして解消法・対策・治療について解説していきます。

■赤ちゃんの成長と便秘
生まれて間もない赤ちゃん(新生児)は1日の便の数が多いのですが、これは消化器官や腸の働き、吸収、またお尻のしまりが悪かったり腹筋の力が弱いためです。しかしそういった働きが不安定のため、2〜3日便がでないことも、しばしばあります。おならがでたり、食欲があって、元気であれば特に便秘の心配はしなくていいです。赤ちゃんが新生児の期間を過ぎて、乳児になると、消化や腸の働きなどが発達してきて便の数が減ってきます。そして生まれてから2ヶ月後辺りから逆に便秘ぎみになります。これは消化器官や腸の働きが発達し、お尻のしまりもよくなるのに腹筋の力が弱いために起こります。そのため、この頃の赤ちゃんのお腹はふくらんで見えます。3〜4日便がでなくて不安であれば、浣腸しても問題ないでしょう。便秘もお座りや寝返りなどで腹筋がついてくると治ってくるのが一般的です。

■赤ちゃんの便秘 原因と解消法
赤ちゃんはまだまだ未発達のため、2〜3日便がでないというケースがしばしばありますが、だからこそ便秘の原因についてしっかりと気を配ってあげないといけません。赤ちゃんの便秘の原因の主なものとして、食生活であったりストレス、病気、またおしりまわりの衛生環境などがあります。肛門が切れてないか、お尻にできものがないかなど常に衛生環境に気をつけてあげましょう。また便を不快に感じ、嫌がることもあるので、綿棒などで肛門を軽く刺激して、赤ちゃんが便をする手助けをしてあげるのも効果的です。通常の生活をしていれば、赤ちゃんの便秘は治っていきますが、食生活のバランスに注意し偏った食事を与えないようにすることも大事ですね。

■赤ちゃんの便秘で注意すること
赤ちゃんは2〜3日便がでなくても普通ですが、その後便をしたときにお尻が切れてしまうことがあります。便に血が混じっていたら、お尻をぬるま湯で洗って、傷口を保護しましょう。ワセリンなどが効果的です。また病院でも薬をもらいましょう。便の状態にも注意しましょう。腐った匂いがする場合や粘液が混じった状態であれば、まず早目に医師に相談するようにしましょう。

生理中の便秘 解消法

日本人の女性は、2人に1人が便秘であると言われています。なぜ女性に便秘が多いのか?その理由のひとつに生理が関係しています。生理だけでも大変なのに、更に便秘が重なると凄く辛いですね。まずは生理中や生理前に便秘になりやすい原因を知り、効果的な便秘対策、そして解消を探っていきましょう。

生理前、生理中に便秘になる原因としてホルモンの影響があります。生理前から生理中にかけて「黄体ホルモン」というホルモンが盛んに分泌されるようになります。黄体ホルモンは腸の水分を体内に吸収する作用があり、腸内の水分不足により便が硬くなってしまいます。また、子宮を緊張させる作用もあり、腸の動きを鈍らせてしまいます。

生理前、生理中の便秘の対策、解消法についてですが、やはり腸内の水分が不足するため、生理の2週間前から生理中にかけて水分を十分に補給することが効果的です。また、女性の場合無理なダイエットをされてるケースもあり、食生活のバランスを崩してることが原因の場合もあります。偏食などは食物繊維、水分不足などから便秘を引き起こします。食事のバランスをよくすることも便秘の効果的な解消法です。特に乳酸菌の摂取で便秘が解消したという例が多く、生理前、生理中の便秘時にヨーグルトを摂ることで便秘が解消したという人が多くいるようです。

妊娠中の便秘 解消法について

妊娠中に便秘になるというケースをよく耳にします。あるデータでは妊娠前に比べて、妊娠後に便秘になったという人が4割にもなるという数値がでています。また、医学的に見ても妊娠中に便秘になるのはいくつかの原因によるものなのです。

■妊娠中に便秘になる原因
まず、妊娠中に便秘になる原因としてホルモンのバランスが崩れるということが考えられます。妊娠すると黄体ホルモンというものが分泌が多くなります。そのため、腸の動きが鈍くなり便秘になることあります。次に子宮が段々大きくなるにつれ、胃や腸の圧迫を誘発し、結果腸の働きが鈍くなって便秘になるというケースがあります。他にも妊娠中のストレスであったり運動不足が原因になることもあります。あまり便秘が続くと出産にも悪影響なので効果的な解消法が必要となってくるでしょう。

■妊娠中の便秘解消法
妊娠中に便秘を解消する方法は、主に食生活と運動のバランスをよくすることです。食物繊維を含まれてるものをバランスよく摂る。水分を十分に摂る。水分の摂りすぎは注意して下さい。下痢になることはよくありません。食物繊維は野菜・果物・海草類・芋類・豆類などに多く含まれています。一品を偏って食べないようにしましょう。バランスが大切です。次に適度な運動をするようにしましょう。大事を取って安静にし過ぎることは便秘の原因になります。軽い運動で結構ですので散歩や腹部の軽いマッサージなどが効果的です。またトイレの習慣を付けるようにもしましょう。

■妊娠中の便秘対策の注意
妊娠中の便秘が酷い場合は、まず医師に相談することをおすすめします。食生活や運動のバランスをよくしても改善しない場合、下剤や浣腸などは絶対に使用しないでください。流産の危険もあるからです。便秘薬についても注意が必要です。漢方などであれば、妊娠中に服用してもいいものが多数ありますが、市販薬の成分によっては激しい下痢などを起こし、流産の危険性もでてきます。妊娠中は普段の体の状態ではないことを意識して下さい。一人だけの体ではないのですから。

便秘の原因を知り、効果的な予防対策を!

みなさん、一度は便秘を経験されたことがあるんじゃないでしょうか?そのくらい、便秘というものは多くの人が経験されてるものです。一概に便秘といってもすべての原因が同じであるというわけではありません。便秘の原因を知らなければ、効果的な予防対策や治療、解消法をおこなうことができません。もっというと、便秘対策としておこなったことが逆効果になることもありえるのです。ですから、まずは便秘の原因を知り、効果的な予防対策を考えることにしましょう。

便秘でずっと悩んでる方はいませんか?解消法をいくつか試したみたが全く効果がないという人もいるかもしれません。もしかすると、便秘の原因に対する解消法が違うのかもしれませんね。便秘の原因は大きく別けて以下のものが考えられます。

・食生活の問題が引き起こす便秘
・運動不足が引き起こす便秘
・便秘薬の乱用が引き起こす便秘
・精神ストレスが引き起こす便秘
・病気が引き起こす便秘

自分の便秘の原因がどのタイプに属するのかをしっかりと把握し、効果的な予防対策をおこなっていきましょう。例えば、現代人の多くは食生活の乱れにより体のバランスを崩す方がいます。便秘もその一つと考えられます。食物繊維をしっかり摂ることが必要です。バランスよく食事を心がけましょう。朝食を摂ることも大事です。外食が多い方は特に注意が必要です。水分の補給も便秘の予防対策には重要です。

筋力の低下による便秘になるケースであれば、ウォーキング程度の運動でも予防対策となります。弛緩性便秘であった場合は、腹筋を鍛えることで便秘が解消されることが多いです。これは腸の動きに腹筋が大きくかかわっているからです。

注意して欲しいことは、便秘薬の多用による依存症になることです。便秘薬の多くは腸に刺激を与え、便意を促します。使用量に従わず、便秘薬を多用すれば、腸が痙攣を起こしたり炎症を起こし、依存症になるケースが多いようです。

最後に、なんらかの病気、疾患が起こす便秘である可能性もあります。特に今まで問題なく排便していたのに急に便秘になってしまった、という人は病気、疾患の可能性もあります。便秘が続くようであれば、医療機関で相談してみましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。